OBOG会について

■武蔵大学洋弓部OB・OG会 会則2010年1月23日のOB・OG会総会にて会則を改定しました。
また、役員の陣容を以下の通り刷新いたしました。
第一章  総則
(名称)
第一条 本会は、武蔵大学洋弓部OB・OG会と称する。
(事務所)
第二条 本会の主たる事務所を東京都練馬区豊玉1−26 武蔵大学洋弓部内に置く。
(目的)
第三条 本会は、会員相互の親睦を図り、併せて武蔵大学洋弓部の発展を助成することを
目的とする。
(会員)
第四条 本会会員は武蔵大学洋弓部に在籍した者とする。
なお、現在、武蔵大学洋弓部に在籍する者は準会員とする。
第二章  組織
(総会)
第五条 総会は、本会の最高機関として、会長の招集により4年に一度開催する。
総会では以下の事項を決議する。
なお、決議事項は、総会出席者の過半数の賛同を持って承認されたものとする。
①会則の制定及び改訂
②役員の選出
③本会に関わる記念行事等の開催
④会員名簿の管理
⑤その他本会の目的達成のために必要と認めた事項
2. 会長は、必要に応じて臨時総会を招集することが出来る。
(役員会)
第六条 役員会は、総会に次ぐ機関として、会長の招集により、会長、副会長、幹事長、幹事の
構成により、必要に応じ開催できるものとする。
(幹事会)
第七条 幹事会は、役員会に次ぐ機関として幹事長の招集により、各幹事の構成を持って、
必要に応じて開催できるものとする。
(役員)
第八条 本会は、以下の役員を置く。
①会長:会員の中から選出し、本会の代表として運営の最高責任を負う。
②副会長:若干名。会員の中から選出し、会長を補佐し、会長が事故ある時は、
   窓口として連絡、連携を図る。
③幹事長:1名。幹事の中から選出し本会運営の実務上の責任を負う。
④幹事:卒年次毎に原則1名。幹事会を通じ本会の運営を行う他、卒年次毎の会員の
   窓口として連絡、連携を図る。
2. 必要に応じて名誉会長、顧問を置くことができる。
(任期)
第九条 役員の任期は、原則として総会で決定後、次の総会の日までとする。
(但し,再任を妨げない)
第三章  付則
第十条 本会則は、2005年11月12日から実施する。
(改正時期)
2010年 1月23日 一部改正
2012年 3月 4日 一部改正
2013年11月23日 新役員人事発表

 

 ■役員

役 職 氏 名 卒業年度 卒業回数 洋弓部回数
名誉会長 久保田 修弘 S41 14回経済 1回生
会長 関谷 文隆 S57 30回経営 17回生
副会長 伊藤 譲 S61 34回経営 21回生
副会長 吉田 千恵 S61 34回日文 21回生
幹事長 太田 敦 S57 30回社会 17回生
幹事長補佐 外谷 尚 H2 38回経営 25回生
会計兼基金担当 松澤 恵実 H2 38回日文 25回生
広報 石原 久美子 H8 44回経営 31回生
広報 藤田 基之 H22 58回
メディア社会
45回生
現役支援部会担当 山本 秀樹 H26 62回経営 49回生
相談役 小田部 朋信 S43 14回経済 3回生
相談役 村上 春生 S47 20回経済 7回生

■OBOG支援部会について

詳細はこちら!